2020.06.18 第66回 大滝 善子

アーティスト

大滝 善子

シャンソン歌手

音声

■サポート(提供)

小原整骨院(倉敷市連島中央2-3-22)、こはら鍼灸整骨院(倉敷市平田615)、cocoro from 小原整骨院(岡山市南区下中野1407-6)、古閑俊行話し方スクール、株式会社パッション、株式会社アンスリール、オーセンティック合同会社、公益社団法人倉敷市シルバー人材センター

■挿入曲

オープニング曲:Jump / Van Halen
エンディング曲:Stand by me / Ben E. King
BGM:Happy Island / 押尾コータロー
■ゲストによるリクエスト曲
2月のパリにて / 作曲:荒木博司、歌:大滝善子 

 第66回目のゲストは、シャンソン歌手として様々なジャンルのアーティストと共演するなど精力的に歌手活動を行なっている大滝善子さんをお迎えし、音楽に対する思いをお伺いしました。

ゲストへの質問

休日は何をしていますか?

犬との時間を大切にしている。犬は小さい頃から好きで飼っていた。ずっとトイプードル。一緒に散歩に行ったり、普段一緒にいる時間が取れないので。うちの犬は芸をよくする。警察から預からせてと言われて2年くらい警察犬の養成所に通った。知能が高いと言われたが、怖がりだったので、ハードルが飛べなくて脱落した。おもちゃの名前を覚えたり(60種類くらい)、色も識別できた。

前半:歌手を目指したキッカケ

 小学校前とか幼稚園くらいからなりたいと思っていた。実家は山口なので、コンサートがあまり来なかったが、ウィーン少年合唱団だけは来てくれていた。母が送り迎えしてくれて、よく見に行っていた。
ソプラノ歌手のリサイタルと見に行ってその声に感動した。どうしてこんな声が出るのか聞きたくて紙に書いて、歌手に渡してもらった。自分の名前と住所も書いて。その方から頂いた返事を母が読んで歌を習わせようとした。
小学校の頃の話。そに頃流行っていた歌謡曲は全く知らないが、オペラはよく知っているという変な子だった。モンセラトカバリエ、マリヤカラス、フレーニーなどのレコードを擦り切れるくらい聞いていた。好きなオペラのアリアがあって、カバリエさんの綺麗な声が良かった。
小学校の5年の時は地元の少年少女合唱団に入っていたので、地元のテレビ局にも出ていた。山口にカーペンターズが来た時に、歌歌っている女の子がいるという事で、カーペンターズのコンサートで一緒に歌ったことがある。
東京のおばはびっくりしていたが。親も自分もカーペンターズは知らなかった。当時のことはあまり覚えていないが、楽屋に入ったことは覚えている。子供心に、長い綺麗な髪を触りたかったということは覚えている。

後半:音楽への思いやこだわり、夢や目標など

 もう一度真面目に、歌の勉強、音楽の勉強をやり直したいと思う。勉強ばかりでは面白くないので、どういう形で還元するかを見つけていきたい。マイク歌手はまだ5年目なので。
 人から望まれてというものがあれば、自分だけがというのではなく、プロアマ関係なく世の中に還元していけるものがあれば…。山口では盲導犬のチャリティーコンサートをしていた。一曲歌ったら1000円寄付するという参加型のイベントにした。そういうのが岡山でできないかと思っている。犬好き音楽好きの人たちに楽しんでもらえるような、また、自分の成長にもなるようなことをしたい。
 山口でフラメンコとシャンソンのコンサートをしないかという話があって、主催した形でプロデュースしたら160人くらい集まった。プロモーターの人から声がかかり、瑠璃光寺で開催する幻想的なイベントのプロデューサーに抜擢された。
2015年9月 大きなイベントで山口のテレビ局が3、4社来た。その時にシャンソン歌手大滝善子と言われ、シャンソン歌手として認知されてしまった。シャンソンが好きなわけではないが、肩書きがシャンソン歌手になった。
当時は、「マイク歌手などやれるか〜」とバカにしていたが、初めてしまった。
少なくとも去年まではシャンソンとは何?と悪戦苦闘していたが、今は自分のスタイルに気がついた。そこに気がついた時に、改めて親に感謝した。国立の時間があったから、もう一度打ち込めるものに出会えた。
マイク歌手に打ち込めている。シャンソンというのが伝わりやすいのでそうなったが、言い直すのがめんどくさいので。カンソーネやタンゴもやっていこうと思っている。
肉声をマイクなしで伝えるというのにこだわりたい。マイクより10倍のエネルギーがいるので。菅原洋一さんとかにマイクを持つ発声法をレッスン受けた。オペラ歌手の人にも受けたりした。
基礎をきちんとしてそのあとで機械に頼れという教え。迷わずに勉強していける教訓になった。マイクを使わない発声ができていないと、幅広いジャンルのものが歌えない。そういうことが面白くなった。やはり基礎は大事。

今のコロナの状況を見て… 演奏家は お客様がいらしてその対価いただき成り立つものだと改めて思う。リモートを通して岡山の音楽仲間と岡山県で頑張ってる人達にメッセージ送れたらと思う。

筆跡から自分を整える 凛とした大人の書

関連記事

特集記事

TOP