2020.11.19 第71回 中田 晶三

etc

中田 晶三

倉敷グリーンファーム 代表、グリーンアドバイザー

音声

■サポート(提供)

小原整骨院(倉敷市連島中央2-3-22)、こはら鍼灸整骨院(倉敷市平田615)、cocoro from 小原整骨院(岡山市南区下中野1407-6)、古閑俊行話し方スクール、株式会社パッション、株式会社アンスリール、オーセンティック合同会社、公益社団法人倉敷市シルバー人材センター

■挿入曲

オープニング曲:Jump / Van Halen
エンディング曲:Stand by me / Ben E. King
BGM:Happy Island / 押尾コータロー
■ゲストによるリクエスト曲
木綿のハンカチーフ / 太田裕美

 第71回目のゲストは、『ふるさと倉敷を“苔玉”や“苔リウム”の町に!』というキャッチフレーズの元、地元産業と植物との合わせ技による賑わい創造事業を展開する、倉敷グリーンファームの中田晶三さんをお迎えし、植物に対する思い、地元倉敷に対する熱い思いをお伺いしました。

ゲストへ10の質問

いつも持っているものは何ですか?

 カメラ、スマホも含めて。一眼レフも、フィルムカメラも好き。ニコン派。D3S。F2の頃から使っている。風景写真と、仕事の関係で苔玉を撮っている。クラッシックカメラにも拘っていた、50台くらいあった。今20台くらい持っている。2003年から毎年友人とグループ写真展を東京と京都で開催している。今年はコロナで中止になったが、20年間写真展に出している。

前半:苔玉を扱うようになった経緯

 大学は植物、園芸関係。小学校の時から植物は好きで、近所の花や木々を愛でながら片道30分の通学をしていた。母も好きだったので、それが植物好きになった。高校の帰りに、好きな庭木を買って帰り、庭に植えるような少年だった。花や植物に関わる仕事をしたいと園芸学部のある大学に進学した。
大学卒業し、日比谷花壇(東京)に就職、結婚式の花の飾り付けや、花屋の店長、マネージャーをしたり、法人営業をしたり、いろんなことをさせてもらった。
 退職して、昨年の12月に倉敷に戻ってきた。定年は65歳だが、60歳で帰ろうと決めていたが、岡山県や倉敷市の移住フェアにふと立ち寄ったところ、岡山県の起業支援や、倉敷市の移住支援がとても熱心にされているのをみて、60歳より58歳で帰る方が受け入れやすいのかもしれないと思い決心した。
たまたま、岡山県の地域課題解決型の起業支援金制度が初めてあり、それに採択されたことで、倉敷グリーンファームの立ち上げがかなりスムーズに行えた。金銭的な部分と県のショップ公開や倉敷商工会議所を紹介してもらったり、倉敷市の商工会議所の起業塾に参加させてもらったり、POPの講座であったりとか、人のマッチングや支援が受けることができた。
地域課題解決なので、地元の産業との合わせ技という部分で、単に売り上げではなく、いかに地元の方に関わり合いながらひろげていくかが重要だと考えている。当初、卸や委託販売を想定していたが、コロナでB2Cの直販とか、コミュニティ創造、苔玉づくりや教室にシフトしていった感じ。

後半:苔玉の魅力について

 苔玉の土は特殊。池の底にたまる堆積物、腐葉土が入った栄養分のある粘土に2種類の赤玉土、通気性や保水性のある土と籾殻の炭を混ぜて粘土質のものを作る。苔玉を作っているところはないことはないが、専門でやっているところは少ないと思う。  苔玉を選んだのは、新しく事業を起こすにあたって、競合の有無や、見た目の可愛さ、いろんな器と組み合わせていろんな提案ができるとか、会社勤めの時もいろんな会社とのコラボが多かったので、苔玉造りもコラボで広がりを作っていきたい。

 今後は直販がメインになっていく感じ。天満屋での販売も行ったりとか、今回11月から、新たにアリオにスペースをお借りして、直販、苔玉造りと販売と両方を行う。11月(7日、8日)に1回、12月(19日、20日)に一回、週末に出展する準備をしている、土日の二日間。

 先日、岡大附属小学校の6年生、約100名の生徒に体験をしてもらった。うちの苔玉は丸めた土を固めるのに、木綿の糸を使用している。これがテグスやポリエステル系の糸だと、自然に還らない。SDGsを学ぶにも、苔玉体験が活用できる。

 軌道には乗っている感じ。順風満帆ではないが、思った以上にいろんな方からご支援いただいている。酒津焼きの生徒さん8人で同時にやってもらえたのもありがたい。
 苔玉造りをしてもらった方にも、酒津焼きの器を見てもらったりとか、している。じゃあ何々さんと一緒にやってみたらと言うのがあれば、一緒にやってみたい。倉敷に帰ってきて、いろんな方々に助けられて、一年経っていないのに、数え切れないくらいいろんな方に助けてもらった。これから、何かやりたいという方に今度は自分がお手伝いしてあげたい。

体験会や販売会の情報について

 倉敷路地市場には出店している。また体験会も定期的に開いているので、ご連絡いただければ参加でいる。費用は苔玉1玉で2500円、2玉で4000円。
連絡先:080-5409-1112

筆跡から自分を整える 凛とした大人の書

関連記事

特集記事

TOP